ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 介護保険 > おむつ代の医療費控除について

おむつ代の医療費控除について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

おむつ代の医療費控除とは

 私たち個人の所得にかかる税金は、所得金額から所得控除を差し引いた残りの金額にかかります。おむつ代には、所得控除の一種である医療費控除の対象となるものがあります。
 おむつ代について医療費控除を受けるには、税務署に確定申告する際に、支払を証明する領収書等と医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。

●医療費控除の対象となるおむつ代とは

 次の条件をすべて満たす人が使用した場合に対象となります。

  • ケガや病気のため、おおむね6ヶ月以上寝たきりであること
  • 当該傷病について、医師の治療を受けていておむつの使用が必要と認められること

2年目以降で要介護認定を受けている人は、手続が簡素化される場合があります

 おむつ代の医療費控除を受けるのが2年目以降で要介護認定を受けている人は、前年の状態が継続していると確認できた場合、市役所で発行する書類をおむつ使用証明書に代えることができます。
 高齢者福祉課で申請してください。申請には、介護保険被保険者証と印かんが必要です。
 また、発行までに時間がかかることがあります。

●前年の状態が継続していると確認できた場合とは

 主治医意見書で、寝たきり状態にあること及び尿失禁の発生可能性があると確認できた場合のことです。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)