ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 介護保険 > 在宅高齢者介護手当支給事業

在宅高齢者介護手当支給事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月10日更新

 介護保険のサービスを利用せずに在宅の中重度の要介護高齢者を常時介護している家族等に対して手当の支給を行い、その労をねぎらうとともに積極的に支援し、もって在宅福祉の増進を図ることを目的としています。

【支給対象者】

介護者(介護をする人)

次の1~6すべての要件を満たす要介護者と同居して、その要介護者を主として介護する者とする。なおかつ、次の1・4・5の要件を満たす介護者とする。

  1. 宇和島市内に1年以上住所を有していること。
  2. 介護手当の支給申請の日において65歳以上で、かつ要介護度「3」・「4」・「5」のいずれかの認定を受けていること。
  3. 介護保険サービスを1年間利用していないこと(ただし、1年間に7日以内の短期入所生活介護または短期入所療養介護の利用は可とする)。また、対象期間を算定するに当たり、入院期間が1月当たり15日以上の月は算入しないものとする。
  4. 介護保険料の滞納がないこと。
  5. 生活保護受給者でないこと。
  6. 特別児童扶養手当等の支給に関する法律に定める特別障害者手当の受給者でないこと。

 

【支給額】

・ 市民税非課税世帯  1月あたり30,000円

・ 市民税課税世帯    1月あたり10,000円

ただし、要介護者を2人以上で介護している場合でも1人分の額を支給する。

 

【支給月】

・ 10月(4月から9月中に申請があったもの)

・  4月(10月から翌年3月中に申請があったもの)

 

【申請手続】

申請書の各項目を記入後、市役所高齢者福祉課または各支所に提出してください。

申請手続きの際に、医療保険証と印鑑をお持ちください。

 

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)