ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護職員処遇改善加算の届出

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月13日更新

介護職員処遇改善加算の届出

 介護職員処遇改善加算を算定する場合は、毎年度の届出が必要です。
基本的な考え方や事務処理手順等について、内容をご確認のうえ提出してください。

変更にかかる届出

介護職員処遇改善加算変更届

 次に掲げる内容の変更が生じた場合は「介護職員処遇改善加算変更届」を提出してください。

 
  • 会社法による吸収合併、新設合併等による介護職員処遇改善計画書の作成単位が変更となる場合
  • 複数の事業所で一括して届出を行った場合(別紙様式4を使用した場合)で、新規指定、廃止等により、対象事業所に増減があった場合
  • 就業規則を改正した場合(介護職員の処遇に関する内容に限る。)
  • キャリアパス要件等に関する適合状況に変更があった場合(キャリアパス要件等の適合状況ごとに定める率が変動する場合または要件間の変更に限る。)

 

特別な事情にかかる届出書

経営悪化等により賃金水準を低下せざるを得ない場合は「特別な事情にかかる届出書」を提出してください。

 
  • 事業の継続を図るために、介護職員の賃金水準(加算による賃金改善分を除く)を引き下げたうえで賃金改善を行う場合


 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)