ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市民の方へ > 社会福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険(事業者向け情報) > 生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想について

生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月13日更新

生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想について

宇和島市では、「宇和島市総合戦略 ロンジェヴィティタウンうわじま構想」に基づき、「生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想」を策定いたしました。CCRCとは、「Continuing Care Retirement Community(コンティニューイング ケア リタイアメント コミュニティ)」の略で、仕事をリタイアした人が第二の人生を健康的に楽しむ街として米国から生まれた概念です。現在日本全国200以上の自治体がこの概念に基づき、元気なうちに地方に移住し、必要な時に医療と介護のケアを受けて住み続けることができるまちづくりを検討しています。

宇和島市においても、少子高齢化が進む中、地元雇用の創出や経済の活性化、安心安全なまちづくりを行うための施策として、「生涯活躍のまち うわじま基本構想」においてCCRC候補地と定めた三間町において、今後整備に向けた検討を進めてまいります。

生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想

生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想(概要版) [PDFファイル/1.27MB]

生涯活躍のまち うわじま(宇和島版CCRC)基本構想(本編) [PDFファイル/2.57MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)