ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 観光スポット > 歴史・文化 > 宇和島市立伊達博物館 | ダテハク > 宇和島市立伊達博物館 | 平成31年ひな人形展

 

伊達博物館ロゴの画像

伊達博物館ブログはこちらから
伊達博物館ブログへのバナー画像<外部リンク>

伊達博物館公式 @datemuseum<外部リンク>

  このページに関するお問い合わせ先
  宇和島市立伊達博物館
  〒798-0061 愛媛県宇和島市御殿町9番14号
  Tel:0895-22-7776 Fax:0895-22-7819
  Mail:date-mu@city.uwajima.lg.jp


宇和島市立伊達博物館 | 平成31年ひな人形展

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月15日更新

平成31年ひな人形展 2月15日~4月14日

 

伊達博物館で毎年開催しているひな人形展。
今年は、歴代藩主夫人所用のひな人形・ひな道具を、「桃の節句」に関する文書や掛け軸などとともに展示します。

 

梅の罫線

 
館蔵品の「有職雛」は横幅7.5メートルにもおよぶひな壇に飾られます。

この人形は、大正13(1924)年に京都のひな人形細工師・大木平蔵により作られました。昭和49(1974)年に、伊達博物館の開館を記念して宇和島市名誉市民である大宮庫吉氏のご夫人により博物館に寄贈されました。

所狭しと並べられた総勢17体の人形と精巧に作られた数多くの調度品は見応え充分です。
こちらの「有職雛」は撮影可能です。
ご来館の際は、ぜひおひな様たちとの写真撮影をお楽しみください。

 
ひな

有職雛 (宇和島市立伊達博物館蔵)

 

梅の罫線

 

伊達家伝来品の中から、江戸時代「ギヤマン」と呼ばれ大変貴重だったガラスによって作られた菓子器や、「おらんだ焼」と称されヨーロッパからもたらされた陶磁器などの飲食器類を展示します。また、10代夫人孝子が持参した「銀製小雛道具」は、国内でも大変珍しい銀製ミニチュア調度で、細部にまで趣向が凝られています。

 
ギヤマン菓子器

ギヤマン菓子器
(公益財団法人 宇和島伊達文化保存会蔵)

おらんだ焼白地藍彩薔薇文輪花形平鉢おらんだ焼白地藍彩薔薇文輪花平鉢
(公益財団法人 宇和島伊達文化保存会蔵)
銀製小雛(ぎんせいこびな)の画像

銀製小雛道具
(公益財団法人 宇和島伊達文化保存会蔵)

 

梅の罫線

 

ひなまつり 無料開放日

宇和島市名誉市民大宮庫吉氏より寄贈頂いた有職雛を

「少しでも多くの市民の皆さまにごらん頂きたい」 という故人の遺志を反映するため、

平成31年3月3日を無料開放いたします。

 

14時からは 宇和島少年少女合唱団 の子ども達によるミニコンサートもあります。

 

梅の罫線

 

 

春の訪れを告げるにふさわしい、華やかで心和むこの季節、

どうぞ皆さまお誘い合わせのうえ、ご来館ください。

 

平成31年ひな人形展チラシ [PDFファイル/1011KB]

このページの画像の著作権は公益財団法人宇和島伊達文化保存会及び宇和島市立伊達博物館に帰属します。
このページの文章の著作権は宇和島市立伊達博物館に帰属します。
すべての画像及び文章の無断転用は用途を問わず禁じます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)